3/14 医療講演

きょうのブログは今月14日に研修センターで行われた
医療講演の内容について少しまとめてみます。


北海道新聞に掲載していただいたこともあり約20人近くの方が来てくれました。
医療講演に先立ち、8月にテレビ放送されたイチオシ!医療のミカタ「脂肪肝」を放映しました。

3/14 14:00〜
「血液データの見方 〜脂肪肝を見つけるために〜」 
肝臓クリニック札幌 臨床検査技師 田村副院長

近頃話題となっている脂肪肝
肥満でない人からどうやって脂肪肝を見つけるかが大切になってきます。

肝臓の細胞の30%以上が脂肪空砲だと脂肪肝という
定義だったものが5%以上に変更されました。

エコー検査では20%以上の脂肪肝だとはっきりわかりますが
それ以下の場合など、採血の結果で脂肪肝が見つかることもあるのです。
つまり、健康診断等の血液検査の結果を見ていくことが必要です。

【AST・ALT・γ-GTP】
肝臓の機能の数値として知られるこの項目。
ALTは肝臓だけでなく他の臓器にも関係してくるので、
ALTだけが高い値の場合は他の病気も考えられるかもしれません。

【中性脂肪・コレステロール】
中性脂肪は食事のあとに採血をすると高く出てしまいます。
当クリニックでは採血のみの場合は食事制限を設けておりませんので、
差が出ることをすこし覚えていただければと思います。
中性脂肪の値が極端に高い方は、採血したあとの
血液がにごっていて、目に見ても違いがわかるのです...!


採血項目によっては、食事などにより値が変動することもあるので
可能であれば毎回決まった時間に受診すると比べやすくおすすめです。

mig.jpeg


また、エコー画像による脂肪肝の解説もありました。
その方は1年半で7キロも体重が落ちて尿酸の値も良くなったそうです。
努力の賜物ですね!



🐱事務 西山🐱
スポンサーサイト



0 Comments

There are no comments yet.