年末のご挨拶

クリニックでお配りしている広報紙より

今年もありがとうございました

開業から当院を利用していただいた患者さんの数は2600人以上となり、
月当たりの利用患者数も700件を超え、予想以上の増え方となってきています。
これも皆さんの協力があってのことと思います。

肝臓専門医として27年がたちましたが、今年は脂肪肝の患者さんの数が一番増えた年でした。
脂肪肝炎から肝硬変、肝がんへと進行する事が明らかになり、その最初の段階で如何に食い止めるか、安心して過ごせる健康状態を如何に実現するかそのことを沢山考えさせられた一年とも言えます。

C型肝炎やB型肝炎の患者さんの治療が完成されつつある中、治ったとされる方々にも脂肪肝炎の危険があり、3ヶ月から半年1回のチェックは必須となってきています。
薬はなるべく使いたくない」、そう思って受診する患者さんも多いのが当院の特徴でもあります。
薬は肝臓に負担をかけるから飲みたくない・飲んだ方が肝臓にいいと作られている薬であっても飲まずに済むなら飲まないでいられる状況を作れないか、そんなチャレンジをしてきた年でもあると思います。


脂肪肝の状態にある患者さんは、AST・ALT・γ-GTPなどの肝臓の数値が高い方はもちろん、コレステロールや中性脂肪・血糖値など、さまざまな指標で改善をチェックしています。
エコーでは肝がんのみならず、脂肪肝の状態や肝臓の硬さを評価して、CTでは内臓脂肪や脂肪肝の率の推測値を出すなど、改善の目標をできるだけ数値化するように心がけています。
これらの検査結果を踏まえて、皆さんの肝臓の状態が改善していくことをできるだけ生活の中から見いだしていくこと
これが肝臓クリニック札幌の役割なんだなとつくづく感じています。


患者さんの利用が増えることで、待ち時間でご迷惑をおかけする事態も出てきていて大変申し訳なく感じています。
スタッフ総出で出来るだけの努力をしているところですが、時間の余裕が無い場合などはご相談下さい。
検査結果を次回にして、診察を先にしていくことが可能な場合もありますし、他の工夫ができる場合があります。
待ってでも当院にかかることで元気で長生きにつながると思える方は本当にありがたいですが、
難しい方は、時間と折り合いが付く方向性を相談させていただきますので遠慮なく相談してください。
本来であればスムーズな流れで予定通りの時間で検査や診察が進んでいくとよいのですが、データの状態・他院への入院などの発生・緊急検査など日々状況が変わる臨床のクリニックであることから皆さんに協力いただいていること、ありがたく思います。


また、新患でも予約応対が可能になっています。
希望の日時になるべく合わせるようにはしていますが限られた件数のなか調整しているためご希望に添えないときはお許しください。
もちろん調子が悪い時など、急いで受診が必要な場合がありますので、遠慮なく電話等で相談してください。
休診などの不在の時には当院では相談にのれない場合がありますが、休日当番などの医療機関をご利用頂ければ幸いです。


最後に皆さんの元気で長生きをいっしょに実現するため今後ともがんばっていきます。
みなさんの笑顔と感動を実現する、そんな医療機関でありたいと思っています。
今後ともよろしくお願いいたします。



よい年末年始をお過ごしください。

🐶事務 西山🎍


※あす12月28日から1月3日までクリニックはお休みです
kotatsu_couple.png
スポンサーサイト



0 Comments

There are no comments yet.